個人経営はメリットが低い

個人経営の飲食求人はメリットが低い


将来のキャリアアップを考えながら正社員雇用として仕事を探す場合に個人経営の飲食求人は非常にメリットが低いです。これはしっかりと覚えておかなければなりません。個人のお店では基本的に調理師でなければ仕事を見つけることが難しいです。その上、調理師として就職することが出来ても、その後の将来を考えるとそのお店で店長になることはほぼ不可能なので、キャリアにおける伸びしろがありません。大手の会社になると、やはりいろんな店舗があることから実績や経験によっては店長を目指すことが出来ますし、年収も伸ばしやすいものです。個人のお店では結局はそのお店で大幅に利益が上がらなければ収入も伸びません。

個人経営の飲食求人は先の将来を考えると正社員にとっては本当にメリットがほとんどないわけですが、逆にアルバイトになるとメリットがあります。人によっては自宅の近所ですぐに通勤出来るところで仕事を見つけることが出来ます。また、個人のお店は融通が利くことが多いです。近所のお店となればさらに融通が通りやすいことがあります。要するに都合良く働きやすいというわけです。アルバイトで飲食求人を探す時は時給を優先することが多いですが、この点を考えると個人経営のお店はやや不利なことが多いです。しかし、交通費や通勤時間を考えると数分で通勤することができ、交通費が一切かからないという条件なら、少し時給が低い程度ならそこで働く方が効率良く稼ぐことが出来ます。

正社員の場合のメリットを挙げるとすれば、今までに飲食求人に応募して仕事をしたことが無い場合、仕事の経験を積むという意味では採用される可能性が高いので、とりあえず仕事を見つけてそれを今後のステップアップの土台として活用しやすいことが言えます。これはお店の求人内容次第でもありますが、やはり多くの人は正社員雇用を探す時は大手の企業など、将来性のあるところを選ぶことが多いので個人経営の飲食求人はそういった意味においては人気が低いです。そのため、採用率は比較的高い部類となります。応募する人が少なければ少ないほど自分が採用される可能性は高くなります。こうしてとりあえず就職先を確保して、そこで一定の期間しっかりと仕事をして実績や経験を持つ、そこから次のステップへと転職するという活用方法が好ましいです。もちろん、状況次第では生活が安定するならずっと働くのもアリですが、それがなかなか難しいものです。”